ドッグフードの先生|口コミで噂の犬の餌を分析して選び方もご紹介

MENU

ドッグフードの口コミは間違いもある!正しい選び方?

ドッグフード選び方

 

当サイト「ドッグフード先生」では、現役の獣医師もおすすめしている海外や国産ドッグフードの原材料や成分を徹底的に分析した結果をランキング形式でご紹介しています。

 

ドッグフード先生

「ドッグフード先生」と呼ばれるようになった私もかなりのドッグフードマニアなのですが、獣医師仲間とも意見を言い合った内容も公開していこうと思いますので「海外&国産の安全なドッグフード」を愛犬に与えたいという飼い主さんのお役に立てればと思っています。また、各ドッグフードの原材料や成分値はもちろんなのですが口コミや評判などもしっかりと分析して評価しています。

 

今までのドッグフード業界は海外製ドッグフードが主流で、国産ドッグフードとなると粗悪な原材料やかさ増しのための穀物など犬に与えることさえ不安な粗悪なドッグフードが多かったと思います。危険な添加物や粗悪な穀物などを与え続けていると間違いなく愛犬の病気のリスクが高くなり最悪の場合、命を落としてしまう犬もたくさんいました。

 

そこで下記からはドッグフードの正しい選び方をご紹介していこうと思います!

 

知らないと危険な間違いだらけのドッグフードの選び方

ドッグフードの粗悪な原材料

 

みなさんはドッグフードをどのように選んだり探したりしていますか?

 

始めて犬を飼う方はペットショップやホームセンターなどで販売している有名なドッグフードだから安全だと思われている方も多いようです。また、愛犬の高齢化によってどんなドッグフードが良いのかを探している方も多いのですが、犬も人と同じで年齢を重ねていくと食べる量や食生活は少しづつ変化しています。

 

有名なドッグフードを与えている方は驚くかもしれませんが、犬は穀物を上手に消化することが出来ないのに多量なトウモロコシなどを使用しているメーカーや粗悪(危険)な添加物を使用しているメーカーも数多く存在しています。

 

次からは知らないと危険な間違いだらけのドッグフードを回避するためにはどのように選べばいいのかをご紹介していこうと思います。

 

正しいドッグフードってどこを見れば良いの?

危険な原材料や添加物

 

上記の写真は某有名ドッグフードメーカーのパッケージ原材料表示なのですが、見てみると以外にも犬の体には良くない原材料や添加物が使われています。

 

どこか危険な原材料や添加物ってわかりますか?始めて犬の健康維持にと思いドッグフードを探している方には難しいと思いますので3つのポイントで簡単にご紹介していきますのでご参考にしてみてくださいね。

 

新鮮な肉類を使用しているドッグフードがベスト!

新鮮な肉類を使用
赤色のマークを付けているところ見てもらうと、第一主原料に米が使用されています。この第一主原料とはこのドッグフードに一番使われている原材料の事で、本当は肉類が好ましいです。犬の最大の栄養素は動物性タンパク質すなわち新鮮な肉類を豊富にしようしているドッグフードが健康維持には欠かせません。

 

親切なメーカーでは「どんな肉類をどれくらいの量を使用している」と記載されていますのでそのようなドッグフードを探すことができれば非常に安心ですね!

 

たとえばドッグフードの口コミや安全性や親切でおすすめのモグワンドッグフードの写真をご紹介すると、

 

モグワンドッグフードの原材料

 

ドッグフード先生の見解

このように「チキン&サーモンを53%使用しています」と内訳も記載され親切で安全なドッグフードということがわかりますよね!隠したい原材料がある場合は曖昧な表示が多いのでどんな肉類を使用しているのかをしっかりとチェックすることが大切です。

 

不安な要素だと思ったドッグフードの表示で「チキン・ターキー・」とありました。この場合、他という表示が曖昧でどんな肉を使用しているのかがわからないですね!なので私はこのようなドッグフードを選ばないです!

 

>>食材別に調べたおすすめのドッグフード詳細はこちら

 

穀物が多いドッグフードは消化を妨げる!

穀物の量に注意
犬が食べた穀物は消化を妨げる原材料となるのでおすすめしません。ビタミンやミネラルの吸収の為に適度な穀物(玄米や大麦など)の場合は気にする必要はありませんが、主原料(多量)に穀物を使用しているとかさ増しの為に使用されている場合もあるので注意しましょう。

 

また、穀物の過剰摂取によりアレルギーを引き起こしてしまうリスクもありますので注意が必要な原材料となります。

 

表示がグレインフリーやノーグレインなどのドッグフードを選んであげると犬の健康を考えたドッグフードということが多いですね!

 

>>穀物不使用でおすすめのドッグフードを調べた記事はこちら

 

品質の悪い原材料を隠すための添加物は危険!

危険な添加物に注意
酸化防止剤や保存料などに危険性が高い添加物を使用しているメーカーもあるので注意しましょう。なぜそれほど強力な添加物を使用するのかというと、使用している肉原材料に問題があるのかもしれません。

 

粗悪なドッグフードに使用されている肉類では4D「Dead(死んでいる)」「Dying(死にかけている)」「Disabled(不具合)」「Diseasd(病気である)」という廃棄されるレベルの肉を使用している場合もあります。そのため酸化や保存期間が短いので強力な酸化防止剤などの添加物を使用しています。

 

そして原材料に4Dという表示はありません。メーカーによって呼び方は様々で○○副産物・○○ミール・○○紛などで表示されていることがありますので注意して確認しましょう。

 

>>粗悪な添加物を使用していない無添加ドッグフードはこちら

 

犬の目的別でドッグフードを選ぶ方法

ドッグフードには「子犬用」「成犬用」「高齢犬(老犬)」など年齢別に分けられている物から「チキン」「ラム肉」「馬肉」など様々なメイン食材を使用したものまであります。さらに犬の症状にあった「療法食」まで数百種類のドッグフードが日本国内で販売されています。

 

これだけ多いと何を選べばいいのか迷ってしまいますよね・・・

 

そこでジャンル別におすすめのドッグフードの選び方を項目ごとに徹底解析しました^^

 

ライフステージ別のドッグフードの選び方

ドッグフードを食べない?子犬用ドッグフードの選び方

生後2〜3か月の授乳期が終わると子犬用ドッグフードに切り替えが必要になります。子犬用ドッグフードを与える目安としては歯がしっかりと生えてきているかを確認してあげることです。そしてドッグフードの選び方で大切な「新鮮な肉類」「グレインフリー」「無添加」の食事は子犬の健康維持の為にも大切な食生活となるので良質な物を与えることが重要になってきます。

 

>>さらに詳しい子犬用ドッグフードの選び方はこちら

 

正しい成犬用ドッグフードの選び方

子犬から成犬になる目安は1歳(12か月)になるころです。子犬は成犬の2倍以上の栄養素が必要ということもあるのでそのまま子犬用ドッグフードを与え続けると肥満になってしまう恐れがありますので注意してあげましょう。

 

>>さらに詳しい成犬用ドッグフードの選び方はこちら

 

食べる量が減る老犬(高齢犬)用ドッグフードの選び方

老犬(高齢犬)になってくると食欲も少なくなってしまうので少ない量でも栄養をサポートできるドッグフードを選ぶことが大切です。

 

>>さらに詳しい老犬(高齢犬)用ドッグフードの選び方はこちら

 

 

有名なドッグフードをお肉・穀物・添加物の3つで比較

現在準備中です。

 

危険度?コスパ?ランク別のおすすめドッグフード一覧

現在準備中です。

 

総合的な評価でおすすめのドッグフードランキング

現在準備中です。

 

良くあるドッグフードについてのQ&A一覧

現在準備中です。